2011年04月07日

愉快な仲間たち

8 February 2011
今日はたくさんのフランス人と話した。
最近はずっとTinoとNicoっていうフランス人2人と一緒にいる。
ティノは工学院大学に留学してた事もあって日本語が少し喋れる(=´∀`)人(´∀`=)
今度の5月にNicoも日本に行く予定で、今一生懸命勉強中!
日本語教えて、フランス語教えてもらって。
めっちゃ楽しい><!
仕事中は英語、終わったらフランス語と日本語。
たまにイタリア語とドイツ語←挨拶だけ。笑

フランス人の会話は本当面白い。
今日はフランス人の5人くらいのグループが外でChill out(集まる?おしゃべり?)してたからスーッと輪の中にはいってみた。
普通に「フランス人だよ?」顏で
「ボンジュール!サバ?」言ってみたら意外と普通に「ウィ、エトワ?」。

全くわからないけどたまに英語で何について話してるのか説明してくれたり。優しす。

それにしても響きはもちろん、ジェスチャーや表情も超面白い。
声のトーンもガンガン変わる。頭ぴーん!てなったりだらーってうなだれてみたり。
立ち上がらなくてもよくない?ってところで急に立ち上がって全身で話し始めたり!笑

この前、TinoとNicoと3人でマックに行ったの、
そしたら他のフランス人4人が偶然いて、合流したの。
ハンバーガー食べてる時もやっぱり喋る喋る!!
ハンバーガー片手に立ち上がって、多分誰かのモノマネしてるんだけど、みんな大爆笑。
その興奮具合いに私も大爆笑。

そのあとその4人が外でタバコ吸ってて、私たちも外でたら1人が顔から流血??
とにかく手に持ってるティッシュが血まみれ・・・!




喧嘩かなんかかと思って心配してたら





鼻血。

興奮し過ぎ!!!笑

帰りの車に乗せてもらったんだけど4人乗りの車に7人。もちろんぎゅうぎゅう。

でももちろん喋るし、ジェスチャーも激しい。
動かせる範囲で手をぶんぶん振り回す。


彼らはすごいと思いました。

posted by kazooomiさん at 13:05| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再就職。

6 February

Shaneがボスに頼んでくれて、あっさり「いいよ、Shaneと一緒に働くなら」と。

なにその条件!!笑

と思いつつもペアになって働いてみた。

Shaneはかれこれ4年くらいピッキングの仕事をして各地を転々としてるメルボルン出身の46歳?

とにかく目にもとまらぬ速さでピッキングすることで有名です、このファームで。
1日、男の人平均4ビン、女の人2ビンのところ、この人なんと7ビンとかやっちゃうんです。
まあ、なぜかと言われればもちろん明確な理由はあるのですが。


で、一緒に働き始める。
「僕が梯子使って上のほう全部やるから梯子を使わなくてもいい、木の下の部分だけやって」と言われ、
「そんな楽していいのか?」と思いつつも木の下の部分だけちょこまかちょこまか。
梯子を使うほうが絶対に時間くうはずなのに同じスピードでついてくる・・・。
もらえるお金は2人で半分ずつなので気持ち的には「ラッキー」なのですが、さすがにちょっと怖い。笑


・・・ただものじゃない。このおっさん。速すぎる。


posted by kazooomiさん at 11:50| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

arrived at cobram

3 ‎February ‎2011
今、コブラム(Cobram)っていうヴィクトリア州の北で、川を渡ったらニューサウスウェールス州!って所でハーベストジョブしてます。

ひょんなことで再会した韓国人のMaxとこれまたひょんなことで出会ったイギリス人FreddyとDaveと。

こっちにいるとひょんなことばっかりです。

本当、ひょんばっかり!ひょんひょん!←言いたかっただけ。


10日前のAustralia day(日本の建国記念日みたいなもの。オーストラリアでは日本よりもっと祝うけど)のパーティーで出会ったFreddyとDaveがファームに行くって言うので、ちょうど仕事探してるし、ハーベストジョブ(季節労働)は探すのが本当大変だし、ってことでちゃっかり便乗して一緒に来ました。

決めたのは来る前日。

天気がどんなかも、

海があるのかも、

お店があるのかも、

フルーツピッキングって事以外何も知らず、

とりあえず4日分の服とシャンプーとパソコンとスケッチブックを持って、やってきました。あ、あとカミソリ
←必須。笑

電車とバスで5時間。

フレディがきちきちっと調べ物は全部やってくれて他3人は

「荷物重いよー、あとどれくらい?」

とついて行くだけ。笑

ファームについてひと段落。

1棟10部屋の平屋の宿が3棟。
こんなん↓
P3310103.JPG

あとはダイニング、テレビ部屋、シャワー、トイレ共同。全部別の建物。

日曜から金曜までのご飯全部込みで週$135。安いかと思いきやこれが後々みんなの愚痴のネタに。笑

2人一部屋の牢屋みたいな部屋をマックスと私でシェア。笑

本当牢屋みたいなんです。こんなん↓
s 022.JPG

ただベッドが二つ置いてあるだけ、あとは天井からファンがひとつ。

私たちと同じ時期に来た人たちはなぜか半分以上がフランス人。ちなみにごはん作る人もフランス人だから美味しい。


ダイニングでもシャワールームでもとにかくどこでもフランス語。

高校生の頃に語学学校行でフランス語をやってた私はすかさずまたフランス語の勉強再開!!


難しすぎるけどフランス語とドイツ語の響きが好きで、みんなが話してるの聞いてるだけでニヤニヤしちゃう。



仕事始まりの月曜日、

気温なんと42℃。

体感温度は沸点レベルですよ。

初日はただひたすら広がる洋ナシ畑で全ての洋ナシをピッキング(Strip picking)するっていう。

暑さだけで男3人はバテバテ。

ここは私が奮い立たせないと!!ということで私が働けばみんな見習ってくれるだろうと一人がんがん突き進む!

「さあみんなかもん!!!」と言わんばかりに振り返ると
みんなタバコ吸って暑い暑い言って日陰で休んでばっかり。

日本のバスタブ6個分くらいある大きい木のケース(ビン)こんなん↓
P2090048.JPG

を洋ナシでいっぱいにするっていう。
1ビン=$38.40=4人で1時間1ビンできれば時給に換算してなんとか$9。

肩からかけた布の大きい袋にどんどん洋ナシ入れてはビンまで持っていく。一日中。

結構本気でやれば楽しいのに男子たちはだらしない。

「Fuckin shit pears!!」とかしか言わない。

結局初日は7時から14時で4人で9ビン。

もっと稼げると思ってた男子たち。テンション下がりまくり・・・。
どうなることや〜ら〜!

ラベル:Australia Cobram farm
posted by kazooomiさん at 11:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。