2011年07月25日

日本に帰ってきました

21日、日本に帰ってきました!

ケアンズ 12:05発 JQ25便 成田 18:30着

ジェットスター+19日20日に日本に台風が来てたので不安でしたが

無事帰ってきましたー!

飛行機の離陸と着陸の時が怖くってひじかけがっしり握り締めてたけど。笑

隣の子供がつまんなそうにしてたから1回話しかけたら

そのあと予想以上に懐かれてあんまり寝られなかったけど。笑

友達にいつ帰ってくるのかぎりぎりになって言ったから

誰も迎えに来なくてちょっと寂しかったけど。笑

無事にたまプラーザに帰ってきましたー


日本に帰ってきて思ったことをざっくり。



空港でお腹空きすぎて、

チキンタツタドッグってのを売店で買って食べたんだけど

店員さんが丁寧。

カウンターにひじついてお客さん待ってるなんてことはないし

おつりの渡し方とか、

いちいち丁寧、いい意味で。

久しぶりに日本の接客見て、軽く緊張した。

オーストラリアではみんな雑だったり適当だったりするけど、

愛想よくするかとかどんな接客スタイルかとかってのは

その日の気分やその人の性格がめっちゃ表れてる。

いやな人もいればとってもいい人もいる。

バラバラだからこそ、

自分の気に入った店員さんとかいい人がいた時はすごく嬉しい気分になる。

日本は簡単に言えばみんな一緒。

最低な人がいないからとっても安定しているしいやな思いもしないけど、

いい店員さんがいた時にそれに対して鈍感になりやすい環境だなって思う。

うーん店員さんだけに言えることじゃないなー!

いろんなことに言える!

あ、なんかいろいろ思い浮かんできた。

また今度別の切り口から書いとこうー!




あと、日本で思ったことは日本硬貨は軽い!!!
以上!!笑

また気づいたらいっぱいかこーっと。
posted by kazooomiさん at 13:18| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

I'm Lucky

I thought I can't see you again anymore in Cairns.

and I didn't wanna see you because it's really hard to say goodbye again.

When I saw you tonight, I really wished I could be with you more.

But we gotta go different way. and I'm sure we can meet each other someday at wherever as you said.

I will never forget the time we spent together.


So now I send this song for you...and me.
we are sooooooo lucky, aren't we?

See ya mate :)

http://www.youtube.com/watch?v=acvIVA9-FMQ


Do you hear me,

I'm talking to you

Across the water across the deep blue ocean

Under the open sky, oh my, baby I'm trying

Boy I hear you in my dreams

I feel your whisper across the sea

I keep you with me in my heart

You make it easier when life gets hard



I'm lucky I'm in love with my best friend

Lucky to have been where I have been

Lucky to be coming home again

Ooohh ooooh oooh oooh ooh ooh ooh ooh



They don't know how long it takes

Waiting for a love like this

Every time we say goodbye

I wish we had one more kiss

I'll wait for you I promise you, I will



I'm lucky I'm in love with my best friend

Lucky to have been where I have been

Lucky to be coming home again

Lucky we're in love every way

Lucky to have stayed where we have stayed

Lucky to be coming home someday



And so I'm sailing through the sea

To an island where we'll meet

You'll hear the music fill the air

I'll put a flower in your hair

though the breezes through trees

Move so pretty you're all I see

As the world keeps spinning round

You hold me right here right now



I'm lucky I'm in love with my best friend

Lucky to have been where I have been

Lucky to be coming home again

I'm lucky we're in love every way

Lucky to have stayed where we have stayed

Lucky to be coming home someday






posted by kazooomiさん at 12:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾人の優しさ。

このワーホリで一番出会いが多かったのは台湾人の女の子だと思う。

みんな世話焼き、お母さん・お姉ちゃんみたいな、古きよき時代の日本人女性みたいな人たち。

すこーし仲良くなっただけなのに、いろんなこと心配してくれる。

Cobramのファームでヨーロピアンの人たちとばっかり過ごしてた時、一人の台湾人の子に出会った。
私のお姉ちゃん的存在。この人にはとても助けられた!!
Coraline :)



s 002.JPG

会話の中で「アジアンフードが恋しいよー!」って言ったらその子が住んでるキャラバンパークにその日のうちに招待してくれて、ライスヌードルを作ってくれた。




P3050100.JPG
Xenia,Lin,Coraline,Tino,Jess and me

その後も週末になる度に餃子作るからおいでって言ってくれたり。

半ば半強制的に「もっと食べなきゃだめ!!来なさい!」ってご飯恵んでくれたり。笑


P3050097.JPG
※前の日パーティーし過ぎてご飯作る気にならないーってフランス人のティノと話してたら
材料そんなないのに「何かしら一緒に食べよう!」笑 って呼んでくれたとき。お皿が足りなかったから見栄えよくないけど味は超ナイス!!



自分から「私も行きたい!」とか、

誘ってくれても「来たいなら来ればいーじゃん?」

って感じの自分から積極的にいかないとなかなか仲良くなれないヨーロピアンの文化の中にしばらくいたから

こんなに気さくに誘ってくれる台湾人の子たちに出会って、

お母さんとか、小さい頃の近所のおばちゃんを思い出した。

これはアジアンだからなのか、台湾人の教育の中に日本との関係がよく表されているのか。。。

でも実際調べてみたらあれなのね、日本と台湾は仲良くやってきたんですね!

オーストラリアにくるまでは台湾は中国の一部なんじゃない?とか、

場所がどこかすらも知らなかったけど(今もあやふやだけど←地図覚えるの苦手 眺めてるのはすきだよ)

地理にも歴史にも興味を持った。もっと勉強しよ。

中学・高校でぜーんぜん勉強しなかったから。

だけど、それでよかったんだと思う。だって興味なかったんだもん。

公民は先生が好きだったし、

自分が今どうしてこの社会にいるのか、興味があったから好きだったけど

歴史や地理は自分からは遠すぎて学ぶ意味がわからなかった

でも今いろんな国の人(特にアジア)と交流して

どうして、日本って国や日本人という私に対してその考えを持つんだろう?って思うとやっぱりそこに歴史がある。
場所や距離も関係してる。

中学生の時にこんな身近な国際交流あったらもっと勉強したかも。と思うともったいないなー。

将来もし自分の子どもには小さいうちから国際交流させたいな。

日本の教育はせまいと思う。

フィンランドでは5ヶ国語勉強するらしいぜ?しかも私の出会った人は普通にその5ヶ国語喋れてた。

まあ日本は母国語だけでも大変だけどさ。

せめて英語はもっとちゃんと教育に入れていくべきだと思うなー。


あ、話逸れたけど、台湾人の女の子達。

Bundabergで出会った台湾人の女の子達はお料理が好きで暇さえあればキッチンでグツグツコトコト。

私が見てきたバックパッカーってみんなスパイスとかあんまり消費しないような調味料は持ち歩けないから、

みんな大体食べるものは決まってるし、

大体の人が食に興味がないのか

食パンにヌーテラっていうヘーゼルナッツのペースト



パスタかインスタントヌードル。

お野菜は食べるけどにんじんなんかは丸ごとぼりぼり!とか。。。

だから台湾人の子達はいつもキッチンでいいにおーいをさせながらチキンをオーブンで焼いたり、手羽先煮込んだり!

スパイスやなんだかよくわからないけどめっちゃおいしいお味噌みたいなん持ってたり。

「これはなに?こっちは?」
って聞くたびに英語で一生懸命説明してくれる姿がちょーーー微笑ましいのです。


あー2ヶ月前のことなのになつかしい。

白いご飯だけ持ってって恵んでもらったなぁ。笑

本当、日本の古きよき時代(経験したことないけど。たぶんお母さんの子どもの頃くらい。昭和40年代とか?)

みんな支え合って生きてることを隣の人同士で感じることができるような国民性なんだと思う。

何かしてあげたら必ず「お礼」といって何か返ってくる。

その「お礼」にまた何かあげる。

ずっとそれの繰り返し。

ものじゃなくてもいい。

パソコン苦手な子をちょっと助けただけ

出かける時に編みこみしてあげただけ。とか。

助け合う気持ちがあるってすごく大切。

そしてその表現方法が日本人に近い台湾人の人たちは一緒にいて居心地がいい。

これって心に余裕があるからできる行いだと思う。

し、お互いに気持ちがいい。

すきだぜ、台湾!
来年みんなを訪ねて旅行に行く予定〜!
アジアは他の国も行けたらいいな〜!







ランキング参加してます!
もしよかったらワンクリックくださいー!
グッド(上向き矢印)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by kazooomiさん at 09:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。