2013年04月21日

Hosted some people :)

あーぁ、また前回から間があいてしまった!

その間に2人組を2組 ホストしましたー
1組はSigne-Lill (スィグリル)とTrine(トゥリン) from Denmark and Finland. 女子2人 デンマークで美術学生
もう1組はBarbara(バーバラ)とMathieu(マテュー) from France.

まず1組目の女子2人はうちに2週間滞在しました〜
2週間もいたのにあまり心が通いませんでした〜 苦笑

カウチリクエスト来たときに、私は大体こういう条件を出しています。

長期滞在の場合、私/彼氏/カウチサーファー2人(大体2人組をホストしてるので)のうちの1人でも

「この人たちあわない!」

「なんかやだ〜」

「むかつく!」

など単純でも直感的に嫌悪感を抱いた時点であなた達には次の宿を探してもらいます!

という条件を出してます。

これって、私にとってはとても大切だからです。

カウチサーフィン以外でも人に出会うときにはこういうことを考えています。

そりゃあ直感や、初対面で「この人のこと嫌いかも・合わないかも」と思って避けていたりしても

時間が経ったり、何かのできごとを機に

「思ってたような人じゃなかった!!」

とか

「なにこの人!めっちゃ気が合うし、とっても面白い!すきーーー!!!」

となることがあります。

だけどやっぱり最初のその人の印象や自分の直感は信じるべきで、曖昧にしてしまってはいけない!と23歳くらいの時(そう、あれはきっと23歳くらいだった!)に気づいたのです。…ちなみに今24歳。

最初に感じることを重要視するのには2つ理由があって、

一つは、何に関してもそうだけど

「初めて」は1度しかなくて、とてーもとてーも貴重だから。(”初”対面で感じたことはその時しか感じられないし、曖昧にしたら私はその感情を忘れてしまうから)

二つめは、物事や人との出会いに関して言えると思う、

出会うべきもの・人は自分がどーんと突き放したとしてもいつかまた出会ってしまうから。

20歳くらい(さっきから自分で言っておいて”くらい”が気になって仕方ない。なんだろう、20歳くらいってちょっと面白い。笑 はい、戻ります→)までは接客業をしていたのもあり、初対面でも常にニコニコして愛想を振りまいていました。

それはそれでとっても楽しかったです。

みーんなに褒められるし。

実際はとっても疲れていて笑いたくなくても「仕事だから・・・」と笑っていると本当に楽しい気持ちになってくるのでね。

でもそういう気持ちで1日平均17時間も働いていたら私生活もそんな気持ちになってしまい

「あれ、私の気持ちはいずこ・・・」状態になってしまったのです。

音にすると スカン です。

そんな経験を経て、もっと自分から出会った人や物を選ぼうと。

オーストラリアに行ったのもこの考えに大きく影響しました。

気づいたきっかけかも。

「人を選ぶ」というとあまり印象がよくないかもしれませんがこの言葉、私は好きですな。

あ、なんか話がすごく脱線してしまった。

なので「なぜその女子2人とは心が通わなかったのか・・・&なぜバーバラとマテューとは心が通い合ったのか」は次回!!
心が通う 通わないって言っていると 変な新興宗教みたいだ。

最近 ガダラの豚を読んでいるからかな。



posted by kazooomiさん at 22:49| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。