2012年10月10日

CS

CS始めました。 
あの、サービス業なら誰もが知ってる大切な合言葉

そう、カスタマーサティスファクション!!



じゃなくて、

忌野清志郎がいたあの伝説のバンド

そう、RCサクセション!!




じゃなくて、

旅人に宿を提供する代わりに情報や文化や言語を教えてもらうっていう合理的なシステム

そう、カウチサーフィン!!

オーストラリアで出会ったフランス人のTinoに教えてもらったサイト。

かーなーりっ 面白いです!

彼と同棲し始めて5ヶ月

家も落ち着いて来たし

誰か遊びに来ないかな〜感覚で登録してみると

早速たくさんカウチリクエストがきました :)ワーオ!

このウェブサイトは登録制で、

最終的には自己判断・自己責任だけど

周りの人からの評価も見れるし楽しいです。


記念すべき第一号サーファーは

フランスはボルドーからのカップル

ソフィーとジョアオです
IMG_2219.JPG


ソフィーはフランスの小さな村出身の気が強くて陽気な女の子。

ずっと夢に見てた世界一周旅行中の女の子。

私とたくさん似てるところがあって、気が合う女の子。

って「女の子」連発したけど26歳。


ジョアオはポルトガル出身のボルドー育ち。

気が優しくてソフィーの言うことに

「ウィーウィー、キャエモン」言ってるのに少し違うこと言うと

「ノン!ノン!セネパ!!!」言われて、もう言い返さない男の子。

あんまり喋らないのに喋ると英語がソフィーよりもうまい疑惑浮上中の男の子。

頭がモシャモシャ・・・の男の子。


って「男の子」連発したけど殿方も26歳。


カウチサーフィンは特別なルールがあるわけじゃなく、

寝るところを提供する代わりに何をして欲しいかとか、

自分がどんな人なのか書いておけばそれを見て、

いろんな人が「泊めてくださーい」って言ってきます。

宿泊代はもらわない。のが基本。

あくまで物々交換みたいな!


私は、「将来世界旅行する時に現地に友達がいればいいなー」と思って。

だから条件はその国の言葉を教えてくれることと、

お皿洗いが嫌いだからお皿洗いして欲しいなーってことくらい。笑


あとは気が合えば一緒に出かけたり、

日本の家庭料理食べたければ作ってみんなで食べたり。

(材料費は請求するなら先に言っておいて、あとから請求するのがベストかと!)

この二人とは(最初のカウチサーファーなのに!)とても気が合うので夕ご飯は私が作ってみんなで食べてます。

ごはん食べ終わったとにいろんなこと話すのが日課。

結構面白い。

元恋人の存在ってどうしてる?って話とか。

住んでる所の話とか家族の話とか。

法律の話になったりすると

日本の国民性・フランスの国民性が似てるのか、自国のディスり大会みたいになっちゃう。笑

それはそれでかーなーりっ面白いです。

やっぱり英語の勉強にもなるし。うんうん。

これからもカウチサーフィン楽しもうと思います。

http://www.couchsurfing.org
posted by kazooomiさん at 16:17| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。